スポンサードリンク


ドッグトレーナーのお仕事

ドッグトレーナーの仕事

ドッグトレーナーは犬のしつけをし、マナーを教える犬の訓練士です。
また飼い主にも犬の訓練法や飼い方を教えるお仕事でもあります。
犬をしつけるために大切な時期は小犬の時期です。
ドックトレーナーは小犬を預かり、座れ、お手、待て、来いなどの服従訓練を行い飼い主の言うことをきちんと聞くようにします。
犬が問題のある行動を起こしてから預かることもあります。

犬が言うことを聞くようになっても飼い主が犬を甘やかしすぎるなど、犬のきちんとした扱い方を知らなければしつけは完成しません。
ですからドッグトレーナーは飼い主の先生役でもあるのです。

ドッグトレーナーになるには

ドッグトレーナーになるための資格はジャパンケンネルクラブ(JKC)、日本警察犬協会((PD)、日本シェパード犬登録協会の3団体が設けています。
資格を持っていなくてもトレーナーと名乗ることはできます。
しかし現実、資格を持っていないとトレーナーとして活動ができないといえるほど、資格がある方が有利となるのは確かです。
資格を取るためには住み込みが原則となる警察犬訓練所の見習い、専門学校や訓練士養成学校などで訓練の技術を勉強することが必要となります。

ドッグトレーナーになるには長い時間がかかります。
一人前を目指すなら長い目で見ることをおすすめします。

■ドッグトレーナーになるために有利な資格

・訓練士

edit