スポンサードリンク


ハンドラーのお仕事

ハンドラーの仕事

ハンドラーとはドッグショーで犬の魅力を引き出すエスコート係のことです。
ハンドラーには2種類のタイプがあります。
一つ目は飼い主から犬を預かり、その犬のトレーニングやシャンプー、ブラッシングなどすべてのお世話をするプロのハンドラー。
二つ目は自分の飼っている犬をドッグショーに出場させハンドリングするハンドラーです。

犬にとってトレーニングはストレスのかかってしまうことです。
ハンドラーにとって犬の心や体のケアも欠かせない仕事なのです。

ハンドラーになるには

現在、ハンドラー専門の学校はありません。
ですから、ハンドラーになるための近道は、プロのハンドラーやブリーダーに弟子入りすることです。
または、実施訓練を何度もするために、ペットショップなどに勤務することです。

資格には、ジャパンケンネルクラブ(JKC)が認定しているハンドラーの資格があります。
資格がなくてもハンドラーとして働くことはできますが、持っていると飼い主から信頼されたりと、有利になることは確かです。
ハンドラーの仕事では犬のトリミングもするのでトリマーとしての技術もつける必要があります。

■ハンドラーになるために有利な資格

・ハンドラー
・トリマー

edit