スポンサードリンク


獣医師のお仕事

獣医師の仕事

獣医師は動物のお医者さんです。
動物の診断、手術、治療が主な仕事です。
動物病院のほかに、動物園や水族館、動物プロダクションでも獣医師は必要とされています。
またペットフードや医薬品の開発をしたりなど、獣医師は動物に関わる幅広い分野での活躍を見せています。

最近では、都市部に動物病院は非常に多くあります。
そのため競争が激しく、病院にペットホテルを兼ね備えるなどの工夫を行う病院もあるようです。

獣医師になるには

獣医師になるためには、獣医師免許を取る必要があります。
そのためにはまず、大学の獣医学科などで六年間学び、卒業後獣医師国家試験を受けなければなりません。
試験に受かり免許を取得したら、六ヶ月以上の研修を受けます。
これらの過程を経てはじめて、獣医師となれるのです。

獣医学科のある大学は国内には十六しかなく非常に競争率の激しいのが現状です。
獣医師は動物たちの命を助ける重要な役目のある仕事なので、深い専門知識が要求されることは言うまでもないことでしょう。

■獣医師なるために必要な資格

・獣医師免許

edit