スポンサードリンク


聴導犬訓練士のお仕事

聴導犬訓練士の仕事

聴導犬は耳の不自由な人の生活をサポートする役割を持っています。
玄関のチャイム音などの生活音を聞き分け、耳の不自由な人に知らせたり、時にはその場まで連れて行きます。
外に出ても、自動車のクラクションなど耳の不自由な人が危険にならないようにする重要な役目も持っています。
これらの犬の訓練を行うのが聴導犬訓練士の仕事です。

現在聴導犬の数は非常に少なく、聴導犬は社会的に認知されているとは言い難い状況です。
認知度や施設の整備などが課題となります。

聴導犬訓練士になるには

聴導犬訓練士になるために、特に必要な資格はありません。
ですが、誰でも聴導犬訓練士になれるというわけではありません。
訓練士の資格を持っていたほうが有利となるでしょう。
実際に現在聴導犬訓練士として活躍する人の多くがこの資格を取得しています。

聴導犬訓練士には犬の訓練だけでなく、耳の不自由な人への十分な理解が必要となります。
また聴導犬との生活の仕方も教えるため、コミュニケーション能力も必要となるでしょう。

求人は定期的に行っているところは少なく、訓練士の需要も少ないのが現状です。
聴導犬のことに関してはアメリカやイギリスのほうが日本よりも進んでいます。
留学して学び、先進国で聴導犬の資格を取るのも一つの手段となるでしょう。

■聴導犬訓練士になるために有利な資格

・訓練士

edit