スポンサードリンク


災害救助犬訓練士のお仕事

災害救助犬訓練士の仕事

災害救助犬とは災害に遭った人を助ける役目を持つ犬のことです。
災害時に瓦礫の下に下敷きになった人や遭難者の捜索を行います。
この災害救助犬を訓練するのが訓練士の仕事です。
物陰に隠れた訓練士を探させたりなどゲーム感覚で犬を楽しませながら訓練することで、人を捜索することが身に付いていきます。

災害救助犬の育成は警察犬訓練所や災害救助犬の育成学校などが行っています。
人の命に関わる仕事ですので、訓練士の仕事は非常に重要なものだと言えるでしょう。

災害救助犬訓練士になるには

災害救助犬訓練士になるために、特に必要な資格はありません。
ですが、訓練士の資格を持っていたほうが有利となるでしょう。

災害救助犬訓練士になるには、災害救助犬の育成団体や民間の訓練所の訓練士になるのが一番の近道です。
または、訓練さえすれば、自分の飼っているペットを災害救助犬として活躍させることもできます。

災害はいつ起こるか予測できないものです。
ですが災害が起こったときに遭難者をいち早く見つけるためにも、災害救助犬は必要であり、その訓練士はとても大きな役目を持っていると言っても過言ではありません。

■災害救助犬訓練士になるために有利な資格

・訓練士

edit