スポンサードリンク


自然保護官のお仕事

自然保護官の仕事

自然保護官とは自然環境を守る人たちのことです。
環境省の機関である自然保護事務所の下で、国立公園などで現場職員として働きます。
仕事内容はさまざまです。
例えば国立公園などの希少動植物を保護したり、開発行為に対する許認可などがあります。
動物に関わる仕事は希少動物の保護となります。

野山を長時間歩き回ったりするので体力のいる仕事です。
自然を愛していて、アウトドアが好きな人には適しているかもしれんません。

自然保護官になるには

自然保護官になるために、特に必要な資格はありません。
ですが、自然保護官は国家公務員であるため、公務員試験に受かる必要があります。
試験に合格後環境省に入り、自然に関わる職員になる必要があります。
自然保護事務所の職員数は1~3人程度なので、自然保護官の採用数は非常に少ないのが現状です。

大学などで農学や林学を学び、しっかりと知識を身につける必要があります。
面接でのアピールも重要となります。
非常に狭き門ですので、アピールポイントを増やすためにも、他の人とは違うなにかを身につけておいてもいいかもしれません。

edit