スポンサードリンク


初生雛鑑別士のお仕事

初生雛鑑別士の仕事

初生雛鑑別士とは卵からかえったばかりのヒヨコがオスかメスかを瞬時に判断する人のことです。
ヒヨコは成長すれば、オスかメスかの判断は簡単なものです。
しかし生まれたばかりの時の判断は難しく、誰にでもできる仕事ではありません。

ヒヨコはオスとメスで飼育方法が異なります。
早期に判断することで、コスト削減にもなるので雛鑑別士が必要とされます。
エサの関係など飼育する側の人の手助けにもなるのです。
経験を積み、熟練した技術を持ってはじめてできる仕事となります。

初生雛鑑別士になるには

初生雛鑑別士になるためには、日本初生雛鑑別協会の設定する高等鑑別士の資格が必要となります。

初生雛鑑別士になるには、まず日本初生雛鑑別協会の行う5ヶ月間の講習を受けます。
講習を終えたら、プロの初生雛鑑別士に直接指導をしてもらいます。
プロの鑑別のもと修行をしながら、資格を取得するのが一般的となります。

全国の農場で必要とされている職種ですので、全国各地に派遣されます
また海外でも必要とされており、アメリカなど海外で活躍している人もいます。

■初生雛鑑別士になるために必要な資格

・高等鑑別士

edit