スポンサードリンク


訓練士の資格

資格概要(訓練士)

訓練士には主に3つの資格が挙げられます。
一つ目はジャパンケンネルクラブが認定するJKC公認訓練士ライセンスです。
これには5種類のランクがあり、養成機関の所定した課程を修了した人が受けることができます。

二つ目は日本警察犬協会が認定するPD公認訓練士です。
これも5つの階級に分かれていて、受験資格は18歳以上の協会会員で所定の訓練試験の合格実績を持っている人に限られます。

三つ目は日本シェパード犬登録協会の認定するJSV公認訓練士です。
これは6つのランクに分かれていて、受験資格は協会の会員に限られます。

日程と申込方法(訓練士)

日程は特に決められていません。
試験は申込者が集まったときに実施されます。

申し込みには各団体から願書などの書類を取り寄せる必要があります。
合格発表は本人宛に送られます。

試験内容(訓練士)

試験には、訓練実技試験と学科試験と面接試験の3つです。
まず、自分のトレーニングしている犬を訓練実技試験に合格させる必要があります。
合格してはじめて、学科試験と面接試験を受けることができます。
学科試験の内容は、主に犬の体の構造や習性、訓練方法などです。
面接では訓練士としての心構えなどが聞かれます。

資格攻略法(訓練士)

訓練実技試験の対策としては、普段のトレーニングがすべてです。

学科試験の対策では、犬に関する本をたくさん読みましょう。
過去問やテキストなどは販売していないので、独学でさまざまな本を読むしかありません。
専門学校に通っていた人は学校の教科書を見返してみるのもいいでしょう。

面接試験の対策としては、自分が訓練士としてのどれだけの熱意、忍耐力を持っているかをアピールしましょう。

問合せ(訓練士)

JKC公認訓練士ライセンス

社団法人ジャパンケンネルクラブ
101-0041
東京都千代田区神田須田町1-5
03-3251-1651~1656
http://www.jkc.or.jp/


PD公認訓練士

社団法人日本警察犬協会
110-0015
東京都台東区東上野4-13-7  警察犬会館内
03-5828-2521
http://www.policedog.or.jp/


JSV公認訓練士

社団法人日本シェパード犬登録協会
113-0033
東京都文京区本郷5丁目28番1号 サトービル6F
03-3816-7431
http://www.jsv.ne.jp

edit