スポンサードリンク


試験内容(訓練士)

試験には、訓練実技試験と学科試験と面接試験の3つです。
まず、自分のトレーニングしている犬を訓練実技試験に合格させる必要があります。
合格してはじめて、学科試験と面接試験を受けることができます。
学科試験の内容は、主に犬の体の構造や習性、訓練方法などです。
面接では訓練士としての心構えなどが聞かれます。